プロポーズします!婚約指輪はどうする!?

婚約指輪とはどのようなものでしょう

婚約指輪は、結婚を決めた二人がその意思を確認しあったことの証として男性から女性に渡されるものです。結婚をお願いするプロポーズの言葉と共に渡されます。婚約指輪はもとはローマ教皇が約束の為に鉄のリングを使ったことが始まりとされています。日本では戦後に普及してきた新しい文化とも言えます。プロポーズや婚約指輪は結婚への第一歩としてとても重要なことです。特に女性はしっかりと渡されることを望んでいます。あいまいにせず、自分の気持ちをきちんと相手に伝えましょう。

婚約指輪の相場はどれくらいでしょう

「婚約指輪は給料の3か月分」。このような言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。しかし、実際に婚約指輪で3か月分もの給料を使ってしまってはその後の生活や結婚式が成り立ちません。実際には10万円から20万円くらいのものをチョイスするカップルが多くなっています。大切なのは値段でなく、その気持ちです。心がこもっていて、自分達らしいものであれば良いのです。今では婚約指輪に特別な文字などを刻んでもらえたり、自分達で手作りすることができるところもあります。心が伝わる一品を選びましょう。

婚約指輪を渡すタイミング

婚約指輪を渡すシチュエーションというものはとても重要になってきます。素敵な夜景を見ながら、美味しいレストランでの食事の後に、出会った場所で思い出を語りながら、などさまざまなタイミングがあります。女性が好むシチュエーションをしっかり事前にリサーチしておき、相手が喜ぶ状況を作り出すことが大切となります。サプライズなどを利用することも良いです。ホテルなどではプロポーズ用にプランが用意してあるところもあるので、調べて上手に利用すると良いでしょう。

婚約指輪は婚約の印として男性から女性に贈られます。婚約と言う法律的な規定がないためと言われます。一方、結婚指輪は、結婚式での行事として新郎新婦が取り交わすのが一般的です。