神社や教会で結婚式場探しをする場合のポイント

教会で結婚式をする場合の心得

結婚式のイメージとしては教会を思い出す人もいるのではないでしょうか。教会で結婚式をする場合は、ゲストハウスなどにある教会を利用してもいいですが、普段から拝礼を行っている結婚式場とは違う街中の教会で結婚式をするのもありです。結婚式をする場合は、まずその教会に許可を得ることが大事です。すでに信者であれば教会を利用さしてくれる可能性は高いですが、信者でない場合は条件付きで教会を利用することができることもあります。

教会で結婚式をするための条件

教会で結婚式をするための条件としては、定期的に拝礼をすることなどがあります。信者にならないまでも、教会で身を清めて結婚式を行うのがよいと考えているからです。また、勉強会などを行う教会もあります。多くの人は教会を選ぶ時にイメージだけで選んでしまいますが、あえて勉強するのは、その中身をしっかりと知っておこうという意味合いが含まれています。教会の結婚式の面白いところは、一般人が参加しても問題ないところですね。

神社で結婚式をする場合はどうか

では神社で結婚式をする場合はどうでしょうか。神社にも大きな神社と小さな神社がありますが、一般的には大きな神社を利用して結婚式をします。大きな神社には、わりと頻繁に結婚式を挙げてることが多くなりますので、結婚したい日を決めて、事前に連絡をしておくことが必要です。ただし、いくら1年ほど前に日程を決めて申し込んでも、神社に年中行事があればその行事を優先させますので希望通りにはならないこともありますので注意が必要です。

白金の結婚式場は素敵な雰囲気を持った式場になりますので、上品な雰囲気を求めている方には最適の結婚式場です。