派手さはなくても人柄のあふれる結婚式の成功の秘訣とは!?

ゲストに満足してもらうためには

結婚する年齢が30代以上というカップルも多くなる中、ゲストも何度も結婚式に出席し目が肥えているというケースも多いでしょう。まずは、結婚式とはという一般的な定義にとらわれすぎないことが大事ですよ。もし、料理もスピーチも大事だと考えているのであれば、同時進行で行うのではなく、スピーチ用の部屋と料理を堪能するための空間を設けるなどして、用途にあわせて会場を使い分けてみましょう。発想の転換といっても派手で奇をてらうのではなく、ゲストの立場になって内容を考えていきましょう。

テーブルラウンドはここに注意

披露宴でのテーブルラウンドでは、挨拶をしているテーブル以外のゲストが遠慮なく料理を楽しんでもらえるように、多少BGMの音量をあげる、軽快な音楽を流すなどして自然と食事と会話が弾むように配慮するといいでしょう。大人だな、他の披露宴とは一味違うなという結婚式というのは全てがスムーズに進み、心地よく時間が流れるものですよ。ゲストに無理を感じさせないように細かい部分まで、新郎新婦共に綿密に打ち合わせしておきましょう。

質の高いおもてなしを

大人の配慮ができる結婚式というのは、規模が小さくても内容がしっかりと充実しているというのが条件となりますよ。実は少人数であればあるほど費用というのはかさむ傾向にあるのです。それでもゲストのことを考えて、全てに質の高いおもてなしを心がけましょう。披露宴の進行はあまり詰め込み過ぎないというのがポイントで、料理とそれを盛り上げてくれる生演奏などで満足感をあげれば余興はそう必要ないともいえます。洗練された大人の結婚式を演出してみましょう。

福岡の結婚式場では、豪華なチャペルが存在する所も多く、式場の雰囲気を重視している場合でもスムーズに式場選びができます。